So-net無料ブログ作成
検索選択
ヨーロッパ研修日記 2008.11 ブログトップ
前の10件 | -

ヨーロッパ研修日記 番外編 [ヨーロッパ研修日記 2008.11]

一度、完結したヨーロッパの話ですが…番外編。

*ヨーロッパの話とは??と言う皆様。長いですが

こちらをご覧下さい。

http://meganekun.blog.so-net.ne.jp/archive/c2300414341-1

昨日、会社に荷物が到着しました。

中身は…ヨーロッパ研修の内容を収めた本。

R0016777.JPG

それが5冊。(写真では3冊ですけど後2冊あります。)

みんなで分担して作ったので感慨もひとしおです。

表紙は似顔絵の上手い仲間がみんなをスケッチしたもので

表紙を見ただけで研修が思い出されます。

でも今、振り返ると僕は写真ばかり撮影してたような…(笑)

昨日は仕事中にも関わらず読みふけってしまいました。

気持ちはヨーロッパへ…と言う感じ。(^^;

改めて旅の仲間、全ての関係者の皆様に感謝です。

【ヨーロッパへ、いつか…】NIKON D90 Ai-s DX ZOOM NIKKOR18-55mmF3.5-5.6VR

20081110-20081110-DSC_0699.jpg


nice!(34)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

ヨーロッパ研修日記 その62 [ヨーロッパ研修日記 2008.11]

いよいよ最終回になりました。長いことダラダラ続けて

すみませんでした。(^^;

なんだか話が良くわからないと言う皆さん、長いのですが

良かったら今までの話も読んでみてください。

*ヨーロッパ研修日記 その1~その62

***** ***** ***** ***** *****

ミラノ空港で無事にチェックインしまして、出国審査もパス。

後は飛行機に乗るだけ…なのに!!!!

アクシデント。

飛行機の出発が遅れている。

「何だ~遅れているんだ、でものんびり帰ろうよ!」って感じにならないんです。

ちょっと慌てました。なぜか?

ミラノ空港から向かう先はスイス チューリッヒ国際空港。

そう成田直行ではないんです。

しかも、ミラノーチューリッヒの乗り換え時間1時間。

ミラノで遅れるとチューリッヒが間に合わない~~~~~と言う事に。

で、20分ぐらいですかね遅れたのは…順調に行っても乗り換え時間は

40分しかない、しかもチューリッヒでもう一度手荷物検査があるんですって!!

その検査の時間しだいです、乗れるかは…。

まあ、どちらにしてもまずはスイスに向けてGO!です。

hikouki.jpg

イタリアの最後の空は青空!良い天気でした。

hikouki1.jpg

焦っていてもなるようにしかならないので、飛行機の中ではまあ、平常心。(^^;

アルプスの山並みを撮影したりして…

hikouki2.jpg

う~ん綺麗。(^^)もう1枚。

hikouki3.jpg

で、なんとか15分遅れでスイス到着しました~。こっから先はあんまり写真ありません

焦ってましたから…。(笑)

早足で進みますよ~。なんとか成田に着きたいですからね。(^^;

と言いつつ、写真撮ったりして…

【チューリッヒ国際空港】GR DIGITAL

kuukou.jpg

チューリッヒ国際空港は、ヨーロッパ線や国内線ターミナルと国際線ターミナルが

電車移動なんです。

で、間いろいろありまして…!!!(省略)

次の写真は~~~と言うとこれ↓機内食。

kinaisyoku.jpg

そう、成田空港行きの飛行機の中。間に合いました。

添乗員さんもホッとしたと思いますよ。これから約11時間後無事に

成田空港に着きました。そこで解散となりました。

最後まで気は抜けないと言う事で、すごく思い出深い

ヨーロッパ研修旅行でした。

”ヨーロッパ研修日記”もこれにておしまいです。長いこと

お付き合い頂いてありがとうございました。

*Blog”フィルムカメラは楽しい”はまだまだ続きます

のでよろしくお願いします。(*^-^*)


nice!(32)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ヨーロッパ研修日記 その61 [ヨーロッパ研修日記 2008.11]

そろそろヨーロッパ研修日記も今回と次回で終了予定です。

さあ、続きをどうぞ…。

あ、セカンドブログもよろしくお願いします。

*トイプードル*マウとの生活 http://mautonoseikatsu.blog.so-net.ne.jp/

***** ***** ***** *****

イタリア最後の夜は回転寿司を食べた我々。味はどうあれ

僕は久しぶりにしょうゆ味が味わえてちょっとホッとした夜でした。

そして一夜明けて…いよいよ最終日。

8時ぐらいに出発と言うことだったので早めに朝食です。

そして、ミラノ空港に向かいました。

添乗員さんと通訳さんの後に続きます。

【ミラノ空港】NIKON D90 Ai-s DX ZOOM NIKKOR18-55mmF3.5-5.6VR

kuukou1.jpg

【チェックインカウンターへ】NIKON D90 Ai-s DX ZOOM NIKKOR18-55mmF3.5-5.6VR

kuukou3.jpg

kuukou4.jpg

最後のみんなの心配は…手荷物の重さ。一人がすごい重さだったのです。

なんとかパスしたんですけど、みんな一斉に不安に。(^^;

20081115-20081115-DSC_2682.jpg

僕は重くなかったので大丈夫だったんですけど、↑の表示を見るまで少し緊張しました。(笑)

だってここに来て超過料金だったら凹みますもん。(^^;

無事に荷物もすんで、出国手続きも終わりましていよいよ飛行機に乗ります。

と、ここまで順調でしたが、この最後の飛行機に乗る前に添乗員さんをあせらせる事態が

あったのですが、それは最終回に…つづく。


nice!(17)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ヨーロッパ研修日記 その60 [ヨーロッパ研修日記 2008.11]

イタリアの回転寿司屋さんのつづき。

いよいよ料理の話。(^^)

まずはビールだよねって事で頼むと、”KIRIN 一番絞り”

日本ではありがたみも無いですけど、海外で出会うとすごい安心するのは不思議なものですよ。(^^;

maru7.jpg

えだまめ…冷凍を電子レンジで解凍しているだけのような気がしますけど、日本の味がしました。

maru9.jpg

鶏のから揚げ…なんだか居酒屋感覚。(^^;味は普通。

maru10.jpg

水餃子。これも特筆するようなうまさではなかったような…。でも海外の料理から

離れたのでおいしく感じたような気がします。

maru11.jpg

いよいよお寿司登場!!カウンターから離れた場所に座ったので大皿で。

maru12.jpg

イタリア人向けなのか、酢飯の酢が弱くて普通のご飯が握ってある感じ。寿司としては形だけ

でしたね。でもこのお店、満員なんです。イタリア人受けしているようでした。

ヨーロッパの人はあんまり刺身を食べないと聞いていたんです。実際、この席に同席していた

イタリア人運転手さんは「これは無理」って言っていました。

でもお店に来ていたイタリア人はお箸を上手く使っておいしそうに食べてました。

なのでなおさら、この寿司は違う!!本場の寿司を食べに来てもらいたい!!

こんなじゃなねぇよ~って思ってしまって、食事中みんな「違う」って言ってました。(^^;

イタリア ミラノで回転寿司を食べてみたかったら一度は行ってみるのもいいかも

しれません。

maru5.jpg


nice!(35)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ヨーロッパ研修日記 その59 [ヨーロッパ研修日記 2008.11]

いよいよ後2~3回で最終回を迎えそうです。(^^;

ヨーロッパ研修日記 スリに合いそうになりつつ無事にホテルまで

帰ってきた辺りから…

***** ***** ***** ***** *****

無事にホテルに戻った我々は少しホテルで休憩した後、ヨーロッパ最後の

夕食へ向かいました。

ヨーロッパ最後の食事はなんと!!!イタリアなのに…

maru1.jpg

↑の写真で店名わかりますか?”maru"…日本語です、マル。

なんとここ、イタリアの回転寿司&Bar

店内はまるでバーなんですが、中央で寿司が回転しています!

maru2.jpg

日本と同じ↓ですよね。でもこんな薄暗い回転寿司屋はないかな…。

maru6.jpg

ちょっとタイプな(僕的に)日本の女性が居てなんだかうれしい。(^^;

maru4.jpg

壁には日本の漫画?がでかでかと描かれています。日本の漫画はワールドワイドなんですね。

maru3.jpg

いよいよ料理登場なんですが…つづきはまた今度。(^^;


nice!(47)  コメント(19)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ヨーロッパ研修日記 その58 [ヨーロッパ研修日記 2008.11]

ボッテガベネタを出た我々は一路ホテルに帰る事に。

所が、ボッテガがある通りはミラノでも有名なブランドがひしめく

通り。どうやら我々は目を付けられてたようなんです…。

”ジプシー”達に。

***** ***** ***** *****

イタリアでは日本人=金持ちと思われるのかジプシー達による犯罪の

被害に合う事が少なくありません。

僕も10年前にローマを訪れた時に散々警戒しましたし、この10年で

海外旅行も回数を重ねたので警戒はしていましたが…。

***** ***** ***** ***** *****

我々は地下鉄の駅を目指して歩き始めたのですが、気がつくと我々の列を割って

入るように2人の若いイタリア人が並んできました。

僕らは全く気にしてませんでした。

急に添乗員さんがイタリア人に向かって大声で威嚇したのです。

我々は何かと驚きますと、イタリア人が「何?この人おかしいんじゃない?」と言うような

ジェスチャー。そそくさと退散していきました。

聞くと、一人のカバンのチャックが手が入るぐらい空いていて、イタリア人の手が

入っていたそうです。未遂で終わりましたが添乗員さんがベテランでなかったら

スラれてましたね。

あぶない、あぶない。研修の最終日に大変な事態になるところでした。

やはり海外は先進国と言えども日本ではないんだと言う事を忘れてはいけないですね。

と言う理由もあってここの写真はあまり撮影していません。一眼レフなんて下げてたら金持って

無いのに金持ちだと思われますからね。

聞くとヨーロッパでも一眼レフカメラは高級嗜好品だそうです。

20081115-20081115-DSC_2609.jpg

そして、無事に今夜宿泊するホテルに到着。

この後はヨーロッパ最後の夕食です。(^^)


nice!(37)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ヨーロッパ研修日記 その57 [ヨーロッパ研修日記 2008.11]

またまた時間があいちゃいました。すみません。

このシリーズもうそろそろ佳境なのですが僕の更新が

のんびりなのでなかなか終わりません。(^^;

***** ***** ***** *****

くしくも我が国の文化をイタリア ミラノで勉強した我々は

最終視察場所に向かいます。

20081115-20081115-DSC_2608.jpg

最後は高級ブランド”BOTTEGA VENETA(ボッテガべネタ)です。

ここは写真NGだったので特にご紹介できるものはないのですが…。

ここは革製品が有名なブランドです。僕はブランドには疎いのと、ただ高いだけ

じゃないかと思っていましたが、ここの品物はしっかりしていました。(高いですけど)

*ここの特徴としてはイントレチャートが有名ですね。↓

fifi_y-bot-156.jpg

上の写真のように網目がイントレチャートと呼ばれる物。イタリア語でメッシュを意味し、ボッテガベネタの代名詞です。
 イタリアのヴェネド州の伝統的な革工芸技術を現代風にアレンジして生まれた。短冊状に裁断した牛革が職人の
手作業によりひとつひとつ丁寧に編み込まれ作り出される製品は柔らかくしなやかで、時代や年代を問わず愛され
続けているそうです。
実際、僕も妻に上の名刺入れを買ってプレゼントしましたが、非常に柔らかくて使いやすそうでした。
日本でも直営店がありますので購入することが可能です。
ここで勉強したことは…あれ??どうだったかな詳しくは記憶があいまいですが、(^^;
結構質問にNGが多くて今までよりは高級ブランド店の雰囲気を感じたいうような要素が多かったかなと思います。
最後の最後は買い物タイムになってしまった記憶があります。(笑)
さて、この後はいよいよ、ヨーロッパ滞在最後の夜になります。
この後、ちょっとした事件がありまして、みんな肝を冷やすのですが…
また続きます。(^^;


nice!(24)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ヨーロッパ研修日記 その56 [ヨーロッパ研修日記 2008.11]

そろそろ、急ぎ足にしないとこの話も記憶があいまいになってきました。(^^;

みなさんも忘れてしまったら下のリンクをクリックしてくださいね。

ヨーロッパ研修日記 

****** ****** ****** ******

銀行の後は、今勢いのあるカバンのブランド「ヴォッテガベネタ」へ視察なのですが

銀行の偉い方が見せたいものがあると、連れて行ってくれた先は…

”博物館”!

そして、展示物は”Netsuke"と書いてある。あれ??ローマ字っぽくない?

ね・つ・け

根付!!!????

20081115-20081115-DSC_2559.jpg

イタリアの収集家がコレクションを期間限定で展示しているのだとか、銀行の偉い方

が気を利かせて見せてくれたようです。

笑顔の素敵な女性が説明をしてくれました。

しかし、「根付」と言われても参加者ほとんど詳しくありません。

この女性の方が仕事とは言え詳しい。(^^;恥ずかしい思いをしました。あはは。

*根付とは…ここをクリック。参考までに

20081115-20081115-DSC_2560.jpg

中は暗くてあまり写真が取れませんでしたが、年代物の古美術をみているようで

した。異国で母国の文化に触れるのはなんだか不思議なの物です。

【根付】

 

 

netuke.JPG

netuke1.JPG

【干支の根付】

20081115-20081115-DSC_2589.jpg

*おまけ

驚いたのは別の展示物。根付の展示が終わって隣の部屋に入ったら!

いきなりこれですから、驚きますよ。今にも動きそうなんです。

昔の甲冑です。こんな長い槍で刺されたら…(>_<)なんて想像

してしまいました。

この後は最後の視察先に向かいます。長い研修もついに…という感じです。

つづく。

20081115-20081115-DSC_2583.jpg

20081115-20081115-DSC_2582.jpg


nice!(33)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ヨーロッパ研修日記 その55 [ヨーロッパ研修日記 2008.11]

ちょっと時間が空きすぎちゃいました。

銀行の続きです…

会議室に通された我々。かなり古い台帳が保管されている部屋でした。

20081114-20081114-DSC_2514.jpg

代表者が質問しますが、今までよりも格式がある感じでなんだか緊張。

いろいろ話をしましたが、興味深い所だけ。

*質流れの商品はどうなるのか?と言う点。

それは隣に併設されているオークション会場で毎週月曜日オークションに掛けるそうです。

オークション会場の写真はないですけど、TVで見るような会場でした。

*質流れ後に借主がお金を返しに来た場合。

普通はどうしようもないと思いますが、ここは質で設けようと思っていないそうで

所定の金利を上乗せした金額を納めればいいそうです。

オークションに掛けてしまった場合、商品の返却はありませんが、貸した金額

よりもオークション落札金額が高かった場合は差額分を完済時にその人に返す

そうです。ちょっと良心的です。(^^;ただ、いくらで売れたかは公表しないそうです。

**** **** **** **** **** *****

いろいろ教えてくれまして、ここには全部掲載できませんがヨーロッパの金融

の一つの歴史に触れたようでした。

つづく。

20081114-20081114-DSC_2522.jpg


nice!(12)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ヨーロッパ研修日記 その54 [ヨーロッパ研修日記 2008.11]

久々にヨーロッパ研修日記です。(^^;

え、なにそれ?と言う方や、ずいぶん間が空いたから

忘れたなぁ~と言う皆様。お手数ですがもう一度読み返してください。

すみません。(^^; (笑)

過去記事はここをクリック。

***** ***** ***** *****

お昼を食べた後は銀行を視察。

なぜ銀行なの?と思いますよね。それはこのあとわかります。

20081114-20081114-DSC_2486.jpg

なんとこの銀行、質屋さんも兼ねているんです!!おもしろいでしょう~。

1493年にPAPIAEで1496年にMEDIOLANIと言う街でできたものが

現在は合併されて1つの銀行になっているそうです。

yuka.jpg

ヨーロッパの質の元祖だそうです。

中世ヨーロッパ(1400年代)高利貸しが横行していてなかなか庶民は苦しい

生活をしていながらお金を借りるとまたそれに苦しむような状態だったんですって。

それを良しとしない教会の皆さんでお金を貸したのが始まりだそうです。

はじめは下の写真にある絵を掲げてある日にだけお金を貸したと話していただきました。

20081114-20081114-DSC_2496.jpg

そして、この絵は持ち回りで各教会に掲示されたそうです。歴史を感じますね。

教科書に出てきそうな絵です。(^^;

このあと、責任者の方との会談になりますが…お約束ですね。(^^;つづく。

 


nice!(19)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | - ヨーロッパ研修日記 2008.11 ブログトップ